授乳期にアダラートを服用

アダラートはカルシウム拮抗薬に属する血圧降下剤です。
カルシウム拮抗薬には効き目が良いわりに副作用が起こりにくいという特徴があるために、性別や年代を問わず、幅広い層の高血圧治療に用いられています。
ただし、一般的に妊娠20週目以降の服用は避けるべきだとされています。
また、医師によっては、アダラート服用中は避妊するようにという指導がなされるケースもあります。
とはいえ、妊娠中にアダラートを服用していても、帝王切開によって出産する方向へ持っていってくれる医師もおりますので、一概に言うことはできません。

 出産後も高血圧の症状が続いている場合は、めまいや頭痛などの症状で育児に支障が出てしまう可能性がありますので、アダラートを服用し続けることが望ましいです。
ただし、母親が服用している薬の成分は必ず母乳にも移行します。
なので、授乳期にアダラートを服用してもよいものかどうかと悩むケースが少なくありません。

 現実的には、万が一のことを考えて、母乳ではなく人工栄養に切り替えるように指導する医師が多いです。
ただし、授乳期の母親がアダラートを飲んだ結果、赤ちゃんにどのような影響が出るのかという問題については、専門家の間でも見解が分かれています。
起こりうる影響としては徐脈や低血圧が考えられますが、授乳のせいで赤ちゃんが深刻な状況に陥ってしまったという報告は、過去にあげられていません。
授乳期の母親が通常量のアダラートを服用していたとしても、母乳に移行する成分の量はごくわずかだと考えられます。
ですので、あまり神経質になる必要はないと言っている専門家が多いです。
ただし、それでも心配だという人の場合は、アダラートの服用と授乳の間に3~4時間置くようにすることで、薬の影響を避けるという方法を取ることができます。

↓高血圧症のお薬は病院処方
ノルバスク 病院

↓アダラートが体に合わない方へ
ミカルディス