知っておこう、妊娠時に避けるべき市販薬

妊娠時には、市販薬の服用や使用に気をつける必要があります。
なぜなら市販薬の中には、胎児に影響を与える可能性のあるものがあるからです。
基本的には市販薬は全て安全性が確立されているのですが、例外的に妊娠時のみ安全性を保証できないという薬もあるのです。

たとえば湿布薬です。
妊娠時は腰痛や肩こりが起こりやすくなるのですが、市販されている湿布薬の使用は避けるべきです。
なぜなら市販の湿布薬には、インドメタシンという成分が配合されているからです。
インドメタシンは、動脈を収縮させることで痛みを和らげる成分ですが、それが胎児にも吸収されると、胎児の動脈管が閉鎖されてしまう可能性があるのです。
また、市販の頭痛薬に配合されているロキソニンにも、同様の作用があります。
さらに市販の便秘薬にも、子宮を収縮させることで排便を促すというものもあり、妊娠時に服用すると早産のリスクが高くなります。

このように市販薬には、妊娠時に服用や使用を避けるべきものが多くあるのです。
どうしても薬が必要という場合には、かかりつけの産婦人科で医師の指示を仰いだ上で処方してもらうか、薬局で薬剤師に相談した上で購入することが大事です。
そうすることで、妊娠時でも胎児に影響を与えることなく服用や使用ができる薬を手に入れることができます。