不妊治療と不妊の原因薬であるアダラートとの関係

不妊治療を行なう上では、まず妊娠に対して障害となっている薬の処方を控えることから始めます。たまに薬の種類によっては、使用上の注意などの欄で、「妊婦には服用しない」旨の記載がなされていることもあります。

そのため、そういった不妊や流産の原因薬になる可能性がある薬は、妊娠をしたい人や妊娠中の人には絶対、処方しないことが前提となります。例えば高血圧治療薬にアダラートという薬が存在し、これは体内の血圧を下げる効果がある薬です。

アダラートは、脳卒中や心筋梗塞などの高血圧が原因となって起こる高血圧の症状を改善する効果があり、その他、心臓が締め付けられた様な痛みを発する狭心症にも効果があります。その効果を生み出すのは、血管が血液中のカルシウムが流入することで縮む性質があるため、そのカルシウムの流入を防ぐことで血管を拡大させて,血管を拡張をもたらすものです。

アダラートの特徴は血管の収縮や拡張をもたらす血液中のカルシウムを拮抗させるため、妊娠してお腹の子供の成育に必要となるカルシウムの流入の阻害の原因薬となる可能性もあります。なおアダラートの使用上の注意にも、妊娠してから20週未満の方は服用する事が禁止されています。

従って、不妊治療を行なっていく際には、不妊の原因薬を服用していないか診断していくことから始めます。ただ実際の症例においては、妊娠している状態でも妊婦が高血圧症に悩まれるケースも存在し、その場合にはアダラートを服用しているケースもあります。

ただ実際に不妊治療を行なわずアダラートを服用しても、子供が生まれた症例も数多く存在します。しかし本来の薬の用法ではないため、仮に高血圧症に悩まれている方は不妊の原因薬にならない薬の処方を行なって貰うことが大切です。